FC2ブログ

明正会ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

介護の人材

介護労働安定センターが毎年度実施している「介護労働実態調査」について、平成26年度の結果を見て感じたことを少しだけ綴りたいと思います。
調査時期が平成26年10月なので、少し前のデータとなりますが、概ね参考になる数値になると思いますので。

まず人材の増加率ですが、平成24~26年度の3年間の推移は、
24年:6.3% → 25年:5.1% → 26年:4.1% となっております。
続きまして採用率ですが、平成24~26年度の3年間の推移は、
24年:23.3% → 25年:21.7% → 26年:20.6%

人材の増加率が毎年低下し、採用率も毎年低下していれば、現場の人手不足感がでるのは当然なのかな?調査データを見ながら感じました。

数字を見て一番驚いたのが、離職率の内訳です。
「入職1年未満の者」の離職率の数値がかなり高いことです。
入職後間もない介護職員にかかる負担は数字の上で物語っています。
この「入職1年未満の者」の離職率が上がっている背景は、いろいろな要因があり、事業形態等にもよりますが、介護施設に関しては、重度の利用者が増えた点もあるのかなとは感じています。
特養の介護3以上の入所が制度上決められたことや、経営的な観点から多少無理をしても重度の利用者を受け入れざるを得ない介護施設や在宅系の事業所。
医療保険の改正等で入院期間の短縮のため、病院から治療やリハビリ等が短い期間のため、状態が不安定のまま介護施設や在宅に戻るケースが増えているため、重度の利用者のケアが増えていることなど・・

ただでさえ人手不足感が高まっている中で利用者が重度化するとなれば、入職したばかりの職員もいきなり重度者の介護を一人でしなければいけない場面が当然でてきます。
業務環境に慣れないうちに一人でなおかつ重度の利用者の介護をする場合など、経験裕福な職員と同じ業務負担であっても、そこに生じる負担は倍近くとなって入職したばかりの職員に想像以上の負担を与えることになってしまうのかなと思います。
ゆっくりと職員を育てていきたいという理想がありながらそれをできないジレンマが、多くの介護事業所にあると思います。

かといって、病院が悪い訳でもなく介護事業所が悪いという事ではなく、病院には病院の事情があり、平成26年度の診療報酬改定や今後の改訂でさらなる退院促進を診療報酬上で定められ、それをしていかないと病院経営ができないという事情ももちろんあり、
また、介護事業でも、重度者の利用者を受け入れていかないと経営が成り立たない現実があります。
どの立ち位置でも、制度に振り回されながら踏ん張っているのだと思います。
もちろん政策立案する方達もそうだと思いますが・・
ただ、国の政策や財政などを言い訳にするのは簡単ですが、そのしわ寄せを現場が受けていることを口だけでなく本当の意味でもう少しだけでも理解していただければな・・と感じます。

しかし、色々なことを言っても、介護を必要としている利用者やその家族がいます。
現実を理解しながら、どうすれば目の前の利用者を支えていくことができるか?
どうすれば、お年寄りや介護が好きな人達がその利用者のためを考えてケアをできるのか?
まあ、職員の数が多ければ良いケアが出来るとも限らないのですが・・
また、それが介護の難しさであるとも思うのですが、一つを解決してもまた別の問題がきたりと・・

・・と、今、頭を悩ましている問題を別の角度から考えてて、これからもずっと同じ悩みを抱えながら仕事をしていくのかなとフと思って綴ってみました。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/11(土) 16:13:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カラオケボランティア | ホーム | 共通の趣味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meiseikai.blog.fc2.com/tb.php/182-a07f99f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

(福)明正会

Author:(福)明正会
埼玉県上里町にある介護老人福祉施設を中心とした
複合型施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (200)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。