FC2ブログ

明正会ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事業計画

年度末となり、当法人でも各部署が事業計画の最終的な詰めの作業に入っています。
平成28年度、自らの所属をどのように運営するのか、将来にわたって自らの部署はどうあるべきなのか、役職者が様々な情報を総合して作成を行っています。
 計画の将来性・具体性・計画性などは様々です。唯一無二の正解があるわけではないので、部署毎の考え方があって当然のことと思います。
 すべては、利用者様の「当たり前の生活」を支援することに変わりは無く、施設であろうと在宅であろうと、方法論やアプローチは違えども目標とすることは同じです。
 この、正解と方法論の違いを混同し、また、短絡的に考える計画原案が見受けられることもあり、月の運営会議において他部署からの指摘等あり修正を余儀なくされるケースもあります。

 誰でも皆が、曖昧で、利己的で、孤独で生活している部分を持っているものだと思っています。その一つ一つに、その日その時に最高ではないけれど最善の答えを見つけ支援を生活を行うことが必要です。
 画一的な処遇は利用者様にも、そして職員にもありません。
 働き方、働きがいは個々に違い、目標としていることも目的としていることも違います。 「多様性を理解する必要がある」とは、誰もが概ね言葉としては理解していても、実感できないこともあるとは思います。その実感できない、しずらいことを実感し、自らのスキルとして身につけたいと自分も思います。
 (互いの相違点が存在することを認めよう。しかし、同時に互いの共通の利益にも目を向け、相違点の解決に努力しよう。
 そして、もし今相違点を克服できないとしても、少なくとも多様性を認めるような世界を作る努力は成せる。なぜなら、最終的にはわれわれの最も基礎的な共通点は、皆この小さな惑星に住み、皆同じ空気を吸い、皆子供たちの未来を大切に思っている。そして、皆死んでいく身なのだ。)
 ジョン・F・ケネディ大統領が1963年にアメリカン大学の卒業式において式辞として演説された内容の一部です。 規模も、そして内容も違いはありますが、根本は同じだと思います。
 (われわれの問題はわれわれ人間が作り出したものなのだ。それ故人間が解決できない問題は、ひとつとしてあり得ない。)
 同じ場所で語られた内容です。
 全ての書籍や演説・講演なども長い一つの物語であるため、ある一部分を抽出することは意味が無いとは思うところもありますが、他に向けられたと同時に自らに言い聞かせた言葉でもあると思われるこの言葉に、一つの勇気と自信と英知を得た思いがします。
 
 平成28年度の事業計画は、3月下旬の理事会・評議員会で審議をいただき、修正の後正式に発行します。
 28年度より事業計画も公表し、法人各部署の運営について知って頂くように努めたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/01(火) 18:41:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花粉症 | ホーム | あじさいケアセンター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meiseikai.blog.fc2.com/tb.php/110-5bccd95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

(福)明正会

Author:(福)明正会
埼玉県上里町にある介護老人福祉施設を中心とした
複合型施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (200)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。