明正会ブログ

もしもの時のために・・・

 平成27年4月より特養の入所基準が原則介護3以上となり、早1年が経過しました。
申込みに来れれる利用者様も(ほとんどがご家族ですが・・・)要介護3以上でないと入所できないとう基準を理解されており、申込みに来られます。
 しかし、要介護1、2の方でも特例的な理由(重度な認知症、居住するところがない等)があり、保険者が認めれば入所可能という情報はあまり知られておりません。その他、介護サービスについても親や配偶者等が介護が必要になった時に知ることが多いと思います。 
デイサービスなどは一般の方に浸透しつつありますが、定期巡回随時対応型訪問介護のサービス内容や他サービスの内容等、私たち事業者が地域に向けて発信し続け、地域の方々の「もしもの時」にスムーズに利用できる基盤を作ることが事業運営の一つと考えます。
もしもの時に、その方の介護のニーズに合わせて提供できるサービスを明正会は提供できますので、お気軽にご相談ください!!
スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 16:21:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月なのに・・

みなさんこんにちは(^-^*)/
ここ最近のお天気はどうしたのでしょうか?真夏日が続くと思えば、いきなり気温が下がったり・・・
体が適応しきれないのも分かる気がします。5月なのに熱中症という言葉があちこちから聞こえていますよねΣ( ̄ε ̄;|||・・・

熱中症にならないために、ちょこっとマメ知識!!
人間のからだは年齢にもよりますが、50~70%は水(体液)で出来ています。
体液には塩分(ナトリウム)が入っており、血液を通して体中の水分調整を行っています。ナトリウムが不足すると水分調整が上手くいかなくなります。
水分、ナトリウムが不足した状態を脱水といいます。脱水が進むと熱中症になります。

日常の水分補給は、食事をしていれば必要な塩分も摂れているので、水で良く、塩分を補給する必要はありません。
が・・・
炎天下でのスポーツや仕事で大量の汗をかくと、水分、塩分が急速に不足することがあります。すると、急性の脱水症、熱中症になります。
そんなことにならないためにも、水だけでなく塩分も補給して下さい。
暑いけどちょっとの時間は大丈夫だろうという気持ちは危険ですよ。ナトリウムが入っているスポーツドリンクなどを持参してちょこちょこ補給して下さいね。

熱中症は体内に水分がなくなると発汗できなくなるため、体温が上昇し、水分、塩分を補給しないとどんどん体温が上昇して危険な状態になってしまいます。
これからさらに暑くなるであろう日々に対応できるように、いつの時もうるうるの状態で過ごして下さいo(*^▽^*)o~♪
  1. 2016/05/30(月) 16:07:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

児玉郡市介護支援専門員連絡会懇親会参加

 5月13日金曜日、午後6時30分本庄市某所の料亭にて児玉郡市介護支援専門員連絡会懇親会が開催され懇親会へ参加してきました。本庄児玉郡市内の居宅介護支援事業所を始め訪問介護事業所、通所介護事業所の方々との情報交換や親睦を深めることにより、利用者様により良いサービス提供を図れる様にとの事で、毎年この時期に開催されています。
 昨年も参加させて頂きましたが、居宅介護支援センター彩として初参加になり、各事業所の方々に挨拶させて頂きました。普段からお世話になっている事業所の方々とお会いし、
当法人としては、昨年12月本庄市に蛍ケアセンター、今年4月より上里町にあじさいケアセンターが開始、本庄市と上里町に定期巡回随時対応型訪問介護看護サービスが加わり、まだまだ各居宅介護支援事業所のケアマネジャーにもサービス内容や利用メリット等、不明な点や不安があるようでした。
すでに利用されているケアマネジャーの方からは『夜間も定期的に訪問してもらいサービス利用実績を見ると頭が下がります』と言われる方もいました。7月には児玉郡市介護支援専門員研修会で、定期巡回随時対応型訪問介護看護について研修予定となっています。研修を機に定期巡回随時対応型訪問介護看護のサービス活用に繋がり、地域全体で利用者の方を支え24時間安心して過せるような支援に努めたいと思います。
  1. 2016/05/27(金) 21:04:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無題

 数日前から玄関に珍客が居座って、みゃーみゃーと賑やかな毎日を迎えていましたが、嫁と婿の貰い手が付きそれぞれの新しい家族の元に引き取られていきました。

 道端で拾った小さな命(・・なんと4匹)でしたが、我が家の嫁さんがミルクをあげたりシッコをさせたりで寝る間も惜しんで面倒を見たかいもあり元気になって貰われていきました。

 実は、我が家には17年間一緒に暮らした猫がいました・・・最初はやはり捨て猫でした・・・。目もろくに開いておらず、勿論シッコもウンチも出来ない生まれたばかりの子猫でした。初めは3匹居たのですが次々と2匹が亡くなってしまい最後に一番小さな(掌に包める)子が残りました。たぶんこの子も死んでしまうかも知れないと思いながらも、息子たちが懸命に育ててくれたお蔭で、どんどん元気に大きくなりました。
 家族の一員になった子猫は自分が猫だと自覚しないまま、まるまると太って一番ピークは9㎏にもなり二重顎・三段腹・・・娘さんでしたが(>_<)・・・まるで、おやじ(―_―)!!  往年は寝て過ごし昨年旅立って逝きました。小さかった命が大きく育つ中で、私達家族に数えきれない笑いと幸せ、優しさを残してくれました。
 玄関に居た子猫たちを見ていたら可愛いやら懐かしいやらで、その当時の思い出が甦ってきました。
我が家の嫁さんも貴重な経験が出来たと思います。小さな小さな命が、大きな大きな幸せを運んでくる、貰われていった子猫たちも新しい家族の元で、元気に育って沢山の幸せを運んでくれればいいなと思う今日この頃です・・・。
  1. 2016/05/26(木) 22:18:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑点から学んだこと

今月22日を最後に桂歌丸さんが笑点の司会を引退されました。笑点は1966年の初回放送から現在まで約50年もの間、テレビを通して毎回新しい笑いをお茶の間に届けていますが、今回の放送では平均視聴率が同番組の今世紀最高タイ記録の27.1%に達したそうです。これは歌丸さんという方がいかに視聴者から親しまれていたのかを表していると思います。
短期間ではなくこれだけの長い間愛され、見続けてもらうには、見ている人のニーズに応える為に、常に様々な事を考え行ってきたのだろうと感じました。

私は今訪問介護の仕事をしていますが、これから先も利用者様の満足を得る為には毎回同じ事をするのではなくその時々のニーズに合わせ自分を変えて対応していく事だと思いました
  1. 2016/05/25(水) 16:47:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空本館です!!

また過去の話をさせてもらいます(笑)
青空で働かせてもらう数年前、ある居酒屋にヘルプに行きました。
そのお店は・・・
カウンター席が6席あり、4人座れるテーブル席が4席と、小さなお店でした。
テーブル席に座るお客さんには、ほとんど接客をしませんが、カウンターに座るお客さんには、ドリンクを作りながら接客をしないといけません。
カウンターに座るお客さんのほとんどは、楽しく会話をされ帰りますが・・・
中には、ひたすら愚痴を言う人、自慢話しばかりする人、曲者がいます(汗)
そんなお客さん達の相手をする店長さんにはとてもお世話になりました。
どうしたら、上手に接客できるのか!?
店長さん曰く、自分の話2割、相手の話8割で、とにかく聞き上手になりなさいと!
そして、いろいろな話、情報を聞いて、自分の糧とし、次のお客さんに活かしなさいと!!
とても良い経験をさせてもらいました。
あれっ!?
これも、今の職場で活かせないかと。相手の話しを上手に引き出し、利用者さんの生活歴や趣味などを知り、充実した生活へ・・・。
職員間でも、コミュニケーション能力を活かし、チームワークの良い職場へ。
それには、職員一人一人のコミュニケーション能力を上げないといけません(汗)
たくさんの人との出会いを大切にし、会話をしてコミュニケーション能力を上げていく事も大切なのでは!?
そんな妄想をしながら、楽しく働かせてもらっています(笑)
  1. 2016/05/24(火) 19:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身をもって知った事

先日、体調を崩し、休暇を頂いていた時期がありました。
その中で、数日、体が動かないことがあり、ベッドで静養していた時のことです。
しゃべることはできるのですが、体は力が入らず動かないので、更衣等を親に頼んだ時のことです。
あれ?雑!?ちょっと痛い!?なんか苦しい!?と感じたことがありました。
もちろん親は、介助を行った事は1度もなく、自分の言われるままに行ったわけなのですが、その中で、これは大切だなと感じたのは「声かけ」でした。
何も言われずに、体を動かしたり、服を脱がされる事は、戸惑いや不安を感じます。
それが、少々、強引なやり方ですと、苦痛までも感じさせてしまうのではないかと思います。実際、自分がそう感じたのですから。
思いもよらず体験することのできた今回の一件。仕事に慣れてくればくるほど、忘れがちになってしまいますが、このブログを読んで下さっている介護従事者の方がいらっしゃいましたら、今一度、自分人を振り返ってみてはいかがでしょうか。
次の行う動作を、声に出して伝えるだけで、全く違います。しっかりと、自分に接してくれていることがわかり、安心感を得ます。これは、言葉を発することの難しい方でも同じことです。何も言わないからいいやではなく、言わなくても、しっかりと伝わっています。
分け隔たりなく、これからも「声かけ」大事にしていきたいです。


余談ですが、先日、しばらく空けていた仕事場に行った時のこと。ある入居者の方に
「夢で、○○さんが出てきたよ。でも、起きたら夢で、いなくて悲しかったよ。」
それを聞いて、2人して泣きました。
こんな自分でも、まだ必要とされている、と思えた出来事でした。

  1. 2016/05/23(月) 16:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厨房の消毒

 先日、沖縄地方が梅雨入りしたと発表がありましたが、明正会がある上里町は、まだまだ連日、晴天が続いています。

 今日は、厨房内の害虫防除作業の実施日です。施設の厨房内は、いつも綺麗になっていますが、食材や油汚れのほか、水を使い掃除をしているので湿度も高いため、ゴキブリの発生確率が高くなります。
 ゴキブリは、乾燥したゴミが無い環境が苦手ですが、なかなか、冷蔵庫の下や棚の裏側などは掃除が行き届かない所もあり、ゴキブリが巣を作ってしまうこともあります。
そこで、年間2回、専門業者に依頼して薬剤を使い本格的に害虫駆除を行っています。

 これから、本格的に梅雨の季節が来て、ジメジメ感も増してくるので、害虫駆除をやったからと気を抜かず、細かいところの清掃を行い衛生管理に勤めて行きたいと思います。
  1. 2016/05/20(金) 17:57:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

介護職って・・・

我が明正会も、昨年の四季咲きの杜、蛍ケアセンターに続き4月にあじさいケアセンターを開所し、職員数もとうとう150人になろうとしています。
法人としては増員しておりますが、各部署ではまだまだ職員の補充を必要としているのが現状です。
高齢者の介護のお世話をしている現場は、確かに体力的に大変な面もありますが、どのような仕事でも悪い面は存在します。介護の仕事を通して、いろいろなことを学び、とても充実したやりがいのある仕事であると実感される方も大勢います。 
親がいる人ならいずれは経験することが介護です。決して楽な仕事ではありませんが、他の仕事では出来ない体験もたくさんあります。やってみたい仕事として介護という選択肢を増やしてみてはいかがですか。
  1. 2016/05/20(金) 11:27:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ストレートネック」

ストレートネック・・最近よく耳にする言葉ですね。
自分は、数年前に整形外科の先生に「ストレートネック気味だね」と言われました。
このブログを見てくれている方の中にもいらっしゃるのでは?

ストレートネックは首の骨が変形しているわけではなく首の緊張状態が原因だそ
うです。
パソコン作業や車の運転など首を前に伸ばしている姿勢を続けることで、
首の緊張が解けなくなり、ストレートネックになっていきます・・なので、
日常生活の積み重ねがストレートネックに繋がっていくのだそうです。

 ストレートネックを改善する為には
<枕体操>
① 仰向けの状態で首の下にバスタオルを1,2枚丸めて入れます。
 ポイントとしては、頭が少し浮くような状態を作る事です。
② この状態で顔を左右にゆっくり、大きく、10~20回振ります。
③ あとはこのまま休みます。 (最初は2,3分から最終的には朝まで)
<姿勢改善 1>
・顔が前に出ているな~と思ったら後頭部をいつもより2,3cm後ろに
引くようにする。
<姿勢改善 2>
・前屈みの姿勢をしなければいけない時は、 首の付け根からではなく、
足の付け根から前屈する。
この3つを癖付ける事でストレートネックは改善していきます。

・・姿勢改善、わかっていてもなかなか難しいですね。
がんばりましょう!
  
  1. 2016/05/18(水) 18:52:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

(福)明正会

Author:(福)明正会
埼玉県上里町にある介護老人福祉施設を中心とした
複合型施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (200)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR