明正会ブログ

グランドケア琥珀

連日の“しめくくり”になってしまいますが、

深谷エリアでの事業について今年度の感想を一言、

今年の7月に新たなサービスとしてサービス付き高齢者向け住宅「グランドケア琥珀」、デイサービスセンター「みのり」、訪問介護ステーション「雅」がオープンしました。新しい地域で初めての事業展開ということで、希望より不安の方が強く、職員募集や研修、入居者の募集活動、事前調査、入居された後のサービス調整等、無我夢中で迎えた年の瀬です。
 まだ満床ではないため今後も同様の活動に勤しんでまいりますが、その人らしい生活、これまでの人間関係や地域との繋がりを住宅に入居された後も同じように継続して営むことができるよう、開園時の思いを忘れずにサービス提供を行っていこうと思います。

 今日までに出会った入居者の方やそのご家族、ケアマネジャーや介護サービス事業者、近隣住民の皆、また、これから出会う人達との「縁」を大切に、上里町で特養青空等がそうであるように、信頼される運営をしていきたいと思います。

良い仲間に恵まれ仕事ができる環境に感謝して。。。

また一年間の道のりを皆と歩いていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 18:17:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年の瀬

今年も残すところあと2日になりました。ブログをご覧の皆様もそうだとは思いますが、明正会でも、各事業所の大掃除、年賀状作り、門松飾り。。。。と新年に向けての準備を終えて、新たな気持ちで新年を迎えようとしています。

明正会の今年一年は、7月に深谷エリアにサービス付き高齢者向け住宅「琥珀」、デイサービスセンター「みのり」、訪問介護ステーション「雅」がオープンし、11月には上里エリアに訪問介護ステーション「ひまわり」がオープンしました。又、来年4月オープン予定の地域密着型特養の開設準備も粛々と進めており、法人内で様々な動きがありました。
事業展開と地域密着型特養の開設準備に関わらせていただいている私個人としても新しく学ばなければならないこともたくさんあり、あっという間に1年が過ぎようとしています。

明正会に入職して10余年経過しました。まだまだ学ばなければならないことがたくさんあります。
一つ一つの仕事にやりがい、達成感が持てる場所。。。自分自身が成長できる場所。。。明正会にはそのステージがあることを幸せに思いながら、新しい年を迎えようとしています。
  1. 2014/12/29(月) 18:19:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"しめくくり”

今年の明正会は、

1 深谷市に7月20日
  サービス付き高齢者向け住宅 グランドケア琥珀
  デイサービスセンター みのり
  訪問介護ステーション 雅

外観写真(空合成1)リサイズ

2 上里町に11月1日
  訪問介護スーション ひまわり

   が新規にオープンしました。

新職員が研修や実技を学び、新しい利用者様に「ここに来てよかった」と
笑顔で言ってもらえるよう現在頑張っています。

そこで、私は今年の明正会の漢字一文字は

 「」 と決めました!!
  1. 2014/12/26(金) 11:53:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!!

今日は入所者の方々のところにもサンタクロースがプレゼントを持ってやってきました。
クリスマス1

きっと今日は楽しい夢が見られるかな。。。
クリスマス2

クリスマス3

施設内は、毎年恒例のクリスマスツリーが玄関ホールを飾り来園者の方々にも喜ばれています。
クリスマス4

クリスマス5

クリスマス6

クリスマス7
  1. 2014/12/26(金) 11:37:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の行事

師走になり、法人各部署とも様々な行事があり、利用者様も楽しく過ごされております。
中でも今日は法人全体で行う行事の避難訓練と餅つき大会です。

餅つき大会では、利用者様の皆さん大きな声で声援を送ってくださり、とっても良い餅が
出来上がり、昼食に美味しく頂きました。

真剣に車椅子やストレッチャーで避難訓練に参加されています。
避難1

避難2

職員みんなで餅つきです。

もち1

もち2

もち3


美味しいお餅、ご馳走様でした。
  1. 2014/12/24(水) 19:08:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふっかちゃん

18日、グランドケア琥珀へふっかちゃんが遊びに来てくれました。
利用者様と一緒に記念撮影したり、ゲームをしたり楽しい時間を過ごす事が
出来ました。




その後、デイサービスセンターみのりへも遊びに来てくれ、利用者様と一緒に
ラジオ体操をしてくれました。
間近で見た利用者からは「カワイイ~」などの声も聞かれていました。
年末年始、娘さんの所へ帰る利用者様はふっかちゃんの人形を20個買って
持っていくそうです。

来年こそは、ゆるキャラグランプリ1位になることが出来るか?

頑張れふっかちゃん!!
  1. 2014/12/22(月) 14:20:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘年会レク

青空新館では、明日21日に利用者様の忘年会レクを行います。

一年の労をねぎらい、美味しい料理を食べて、来年一年を良い年にしようということで、
担当の職員さんが企画から準備まで頑張ってくれています。

新館では、大きな行事の際にご家族様にも参加していただき、お手伝いして頂いたり
一緒に楽しんで頂いています。
もちろん、忘年会にも多くのご家族様が利用者様と一緒に会に参加していただく予定
となっています。
このような機会を重ねるごとに、ご家族様の気持ちが私達にも伝わり、またご家族様
と職員が顔見知りになり良い関係が築けて行けていることを実感しています。

私も久し振りのレク参加なので明日が楽しみです。
  1. 2014/12/20(土) 16:54:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域密着型特養「四季咲きの杜」

現在4月1日開設に向けて粛々と準備を進めており、職員採用も本格的に開始しています。

私たち社会福祉法人明正会は、現在も上里拠点・深谷拠点において、「その人らしい生活」を支えるために日々の取り組みをしています。
本庄市に新設される「四季咲きの杜」でも、入居者の「その人らしい生活」を支える支援ができればと考えております。。。

少し、特別養護老人ホームについて考えてみたいと思います。

世間や介護に携わる方たちが抱いている特別養護老人ホームという場所のイメージはどのようなものでしょうか?
特養だと、身体介護が多くて身体が大変
寝たきりの高齢者がいてオムツ交換をしてもらう施設
重度の認知症の方が入居している施設であり、対応が大変
決められた日課に沿い生活をしている施設
集団処遇している施設
人それぞれ違うでしょうが、概ねそんなイメージを抱いていると思います。

しかし、
寝たきりになること。
認知症になること。
人が生きる過程で自然なことであり、当たり前のことであると思います。
施設に入れば何もしなくなる。何もできない人が特養にはいる。世間に対する印象が悪い。

そのようなことはないと思います。

自然の摂理のなかで、介護が必要となり、介護施設に入居することは、ただ単に住み替えをし、生活のステージを変えるだけであると思います。

そのステージで、私達は入居者の方の生活スタイルを守る介護をしたいと考えています。

私達のやりたい介護は「生活されるお年より一人一人がその人らしく生きていくことを支える」ことです。

そして、介護に携わる方達の印象として、特養だから身体が大変と思われているのでは。。。
もちろん、重度の方が多いので、そのような側面があることは否めませんが、特養はサービス内容など
常に情報収集や分析などが求められる生活施設ではないかと思います。

介護施設の中では、最も重度なお年寄りが入居しているケースが多く、お年寄りの個性も千差万別です。その中で、利用者のことを真剣に考え、アセスメントをし、計画を立て、その計画を具体化していき、今までの生活の継続性を保てるか。生活課題をいかに解決してその人らしい生活をおくれるか。
具体化していくための専門職としての知識や技術はもとより、人間を理解しなくてはいけない仕事であると思います。
本当に難しい仕事であり、思い通りにいかないのが当たり前であるとも思います。

家で食べていた当たり前の食事
家で入っていた当たり前のお風呂
自分の意思でトイレにいける当たり前の排泄
安心して過ごせる場所
隣近所や、家族、友人達との当たり前の語らい
近所のお店への買物や散歩

理想だけでは実現できないことは重々承知しています。
しかし、同じ思いをもち、多様な価値観をもつ仲間達とともに、お年寄り一人一人の生活を創り上げていける仲間を求めています。
  1. 2014/12/19(金) 12:02:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月17日(水) 9年ぶりに介護報酬引き下げへ (ニュース )

 政府は、介護サービスを行う事業者に対して支払う介護報酬を
9年ぶりに引き下げる方針を固めたと言うニュースが流れました。
 3年に1度、政府が見直しを行っていますが、消費税増税が延期
されたことにより財源が限られるということなのでしょう。
こんなニュースが流れ、不安になりますね。
介護従事者の処遇改善とサービスの質の確保、そして人手不足に
陥っている現在をどう回避するのでしょうか。
 そんななか 今日は爆弾低気圧、18日にかけ全国的に大荒れが
続くそうです。天気予報も気にしながら過ごしましょうね。
  1. 2014/12/17(水) 17:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チームケアの大切さ

「介護福祉の仕事の目的は、利用者が尊厳をもって自分らしく暮らすことの確保です。
個々の職員が、どんなに頑張っていても、チームの連携がなければ達成できません。
一人ひとりの利用者に対する共通の理解と認識をもってチームでかかわることが大切
です。」とあります。

介護福祉施設では、看護職員、介護職員、リハビリ職員、栄養士、ドライバーなどの
様々な職種が、一人ひとりの利用者様に関わるので、お互いの専門性を尊重し、連携
をしてケアをしていきます。

在宅では、デイケア、デイサービス、ショートステイ、訪問系の看護、介護、リハビ
リ、診療、薬剤師や、福祉用具など、その利用者様に必要な事業所が関わり、様々な
専門職が支援を行います。その他にも、ご家族様、近隣の方、ご友人、民生委員、地
域ボランティアの関わりもあります。

サービス担当者会議では、ケアマネージャーを中心に、様々な専門職が集まるので、
一つの事例に対しても沢山の案が出されます。そして、それぞれの職種や事業所とし
て何が出来るのか、自分の事業所や職種で支援困難な部分は、他の事業所や専門職に
相談したり、協力をしてもらったりして、無理のない細かな支援内容を考えていきま
す。

また、事業所内や施設内のカンファレンスでは、違う職種の意見や同じ介護職員間で
も沢山の意見があり、とても勉強になります。新人の新鮮な意見を聞く事も大切にし
ており、忘れていた気持ちを取りも戻したり、介護を見つめ直すきっかけになったり
もします。

私は、一番近くにいる事業所内の職員には、困っている事はないか?等の声を掛けた
り、感謝の言葉を伝えたり、又、声を掛けやすい雰囲気作りも心掛けています。

様々な専門職のアドバイスを受けたり、ケアマネージャーや他の事業所に情報提供や
相談をしながら、一人ひとりに合った支援を行いたいと思います。
  1. 2014/12/16(火) 11:01:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

(福)明正会

Author:(福)明正会
埼玉県上里町にある介護老人福祉施設を中心とした
複合型施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (200)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR