明正会ブログ

花火

 毎年、8月2・3日に新潟県長岡市で長岡まつりの一環として、信濃川にかかる長生橋と大手大橋の間で花火大会が開かれます。ご覧になった方も多いことと思います。

 長岡の花火大会は、以前から正三尺玉の打上で日本一を誇っていました。(現在では正三尺玉の打上を行う花火大会も多くあります。また、四尺玉の打上を行う花火大会もあります。)
 現在は、復興祈願花火「フェニックス」を打ち上げています。
 フェニックス花火は、新潟中越地震での1日も早い復興を願い、また、他の災害に遭われた方々の復興を願い打ち上げられる花火です。
 平原綾香さんの歌う「Jupiter」にのせて概ね9ヶ所での一斉同時打上というスタイルを続けています。(超ワールド・ワイド・ビッグスクリーンというスタイルだそうです)
 始まりは、2005年。前年の中越大震災からの復興祈願として、災害にあわれた方が復興に向けリクエストが多かった「Jupiter」に曲に合わせて打ち上げられます。
 当初は、曲を3分に凝縮しての打ち上げでしたが、現在は概ねフルバージョン5分間の打上が行われます。

 長岡まつりは、長岡空襲による被災の慰霊を込めて始まったものです。その後花火大会が開催されることになったものです。
 長岡は、第二次世界大戦時に長岡大空襲があり(開戦時の連合艦隊司令長官山本五十六の出身地であることから空襲されたのではと言われたこともあります。)、もありましたが戊辰戦争では会津・函館などとともに最大の激戦地となった地であり、町が灰になるほど焼かれた地でもあります。
 この地は、前記の山本五十六とともに河井継之助(司馬遼太郎「峠」のモデル)の出身地でもあります。
 両者とも、功罪を含め多くを語られることがありますが、「人物」であることは間違いありません。一般の方に与えた影響等からも色々と語られることが多いのも事実ですが。

 いずれにしても、花火大会で打ち上げられる「フェニックス」は、多くの災害からの復興を願い、夜空に一瞬飛び立ち、込められた思いから人々に感動を与えてくれます。歌詞の中で「私を呼んだならどこへでも行くは。。。」とのフレーズの際にもフェニックスが羽ばたきます。東北大自身のの年石巻でフェニックスは打ち上げが行われました。
 「今年も長岡は元気にやっています」花火大会ではいつも天に召された方々に報告するかのように華々しく光り輝いています。長岡は、そして災害に見舞われた地でも不死鳥のごとく蘇りますとの思いとともに。

 自分は、花火が子供の頃から好きで親には呆れられたことがあります。(子供の頃、毎日のように手持ちの花火をねだり、雨の日でも玄関で線香花火をしていたとのことです。)
 フェニックス花火は、2005年の初年度に見る機会があり、その後も数回観覧していますが、毎回その込められた思いに感動します。


 明正会の納涼際も、規模は比較できませんが、思いは同じです。
 「今年の花火は綺麗でしたか」。。。。。
 毎年、打上がおこなわれます。「Jupiter」の曲と共に。。。
 利用者様の中には、今年の花火は見ることが出来ても来年の花火は見ることが出来ない方もいらっしゃいます。今年の花火をどうか忘れないでください。。。。私たちも忘れることはありません。。。

 明正会納涼祭は、願いと慰霊と思いをのせて毎年開催されています。

スポンサーサイト
  1. 2016/08/19(金) 20:37:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏バテ防止

皆さんこんにちは (^-^*)
28日午前中に関東甲信地方の梅雨明けが発表されました。
これから本格的な夏が到来します。そこで今回は、暑い夏を乗り切れるよう夏バテ防止・解消メニュー&食材の紹介です。

まずは・・
夏バテの解消として有効と言われているものは、ビタミンB1、B2とクエン酸!!

暑い夏にはどうしても食欲が落ちて、冷やしそうめんやざるそば、冷やし中華などの炭水化物に偏りがち。
炭水化物そのものは人間のエネルギー源である為、体力が落ちている夏バテには有効ですが、炭水化物だけを食べていても栄養が偏ってしまって根本的な夏バテ対策にはなりません。
炭水化物の消化にはビタミンB1、B2であり、クエン酸が必要なのです。逆に言えば、ビタミンB1、B2、クエン酸がなければ、いくらエネルギーの元となる炭水化物をとってもエネルギーには変わりません。それどころか、疲労物質の元となる乳酸や脂肪に変わってしまいます。
●ビタミンB1、B2をたくさん含む食材
(豚肉、レバー、納豆、枝豆、豆腐、玄米、うなぎ、いわし)
夏バテ防止・解消メニュー
ビタミンB1、B2はアリシンと一緒に食べる吸収がよくなります。アリシンがたくさん含まれているのは、葱、にんにく、にら、玉葱など。
・豚しゃぶ(にんにくを薬味にして)
・レバニラ炒め
・卵と玉葱のうな丼
・豆腐の肉あんかけ

●クエン酸をたくさん含む食材→酸っぱい物にはたいてい含まれている
(酢、グレープフルーツ、レモン、ゆず、梅干し)
夏バテ防止・解消メニュー
先ほどのビタミンB1、B2も同時に摂れるものがおススメ!!
・豚肉のレモン和え(豚肉をレモンに漬けたものをサッと炒める)
・酢をたっぷりかけた冷やし中華(具に豚肉と葱をたっぷり入れましょう)
・酢の物

同じ物ばかり食べていては偏ってしまうので、バランスよく食べるのが大切(≧ω≦)b OK!! 
暑さで食欲がなくなりがちな季節。冷房の使いすぎや、冷たい飲み物の飲みすぎは身体に大きな負担をかけてしまうので、注意が必要ですね。
バランスの良い食事を摂りながら暑さを乗り切りましょう\(^▽^)/
  1. 2016/07/28(木) 23:53:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨明けは?

7月27日現在で、関東の梅雨明けは気象庁より発表されていません。本日も曇り空でジメジメしてすっきりとした天気とは程遠い天気になっています。昨年の梅雨明けは7月10日頃でしたが過去何度か8月上旬まで梅雨明けしなかった年があった様で、今年も梅雨明け間近なのは間違いなさそうです。
梅雨は東アジアの雨期を指し、梅の実が熟れる時期に降る雨の為「梅雨(ばいう)」と呼ぶようになったという説も有るそうです。
一日の中で肌寒い時間や逆にムシムシして暑い時間がある為、体調管理が大変だと思います梅雨明けしたら気温が上昇してしまうので、利用者の方に水分補給して頂きながら熱中症の注意を促して行きたいと思います。
  1. 2016/07/28(木) 10:20:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動・・・

 7月24日の日曜日、明正会の園庭で待ちに待った納涼祭が催されました。男性陣が頑張って、櫓を組んだりテントを張ったり準備をして祭り当日を迎えました。
明正会の納涼祭は、毎年雨の心配をしながらの開催ですが、今年は珍しく雨に降られる事もなく開催することが出来ました。

子供たちの和太鼓から始まり、フラダンス・八木節と櫓の上でテンポよく祭りを盛り上げてくれました。今年は深谷市から重忠太鼓保存会の方々が来てくださり、地鳴りのする様な和太鼓を披露して下さり、見事な和太鼓に拍手が鳴りやみませんでした。
露店では日頃介護に携わる職員が、職人さながらの手付きで威勢よく焼き鳥を焼いたりポップコーンを作ったり・・・(*^-^*)
汗をかきながら鉄板の焼きそばと格闘し、手に霜焼けが出来そうなくらいかき氷を作り、祭りに来た方々に笑顔で手渡していました。

そんな園庭での賑わいとは別に一つの出来事を成し遂げようとする職員達がいました。

 特別養護老人ホーム青空では看取りを行っていますが、今まさにその時を迎えようとしているお年寄りがいました。春先から徐々に体力がなくなり7月に入り食事量も減って祭り前日には食事も摂れなくなり氷水を飲むのがやっと・・・8年前に青空に入所して何度か納涼祭を楽しんでもらっていましたが、ここ数年は疲れてしまい花火の時間にはベッドに戻って音だけ楽しんでいた方でした。どうしても納涼祭の花火を見せてあげたい・・・
家族と職員の思いが一つになり、どうやったら見せてあげられるだろうか・・どこなら大丈夫だろうか・・・それまで本人は大丈夫だろうか・・・祭り当日まで考えました。
 
 盆踊りが始まったころ職員が動き出します、ホールを移動しやすいようにテーブルを片付け窓枠からサッシを外し、虫が入らないように殺虫剤を撒いていつでも移動が出来る様に準備をしました。部屋では家族が心配しながら待機しています。
 ほとんど目も開けなくなってしまったその方に声をかけ職員と家族みんなでベッドごとベランダに出て打ち上げを待ちました。1分が長く感じ、ジュピターの曲と共に夜空に大輪の花火が上がりその方の顔を照らし出します。手を握り残された命を振り絞って目を開けて最期であろう花火を見上げていました。家族と職員みんなで念願の花火を見せてあげることが出来て家族と抱き合い一緒に涙を流しました。
 こんなにも素敵な感動をくれた職員さんにエールを贈りたい。
“素敵な一夜をありがとう”    
準備から片付けまで携わったすべての方々に感謝いたします。本当にお疲れ様でした。
  1. 2016/07/27(水) 22:04:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イノシシ出没注意

こんにちは、訪問介護ステーション雅です。
先日、当事業所のある深谷市内において、イノシシが出没したという市内放送が流れていました。
秋田の熊の事件に代表されるように、近年は野生動物による人間への被害のニュースを何度か耳にしています。市内放送を聞くまでそのニュースをどこか他人事のように感じていましたが、身近でイノシシの目撃情報があった事で、不安になり、出会った場合の対処法を調べました。
基本的な事ですが、もし出会ってしまっても慌てずに、イノシシを刺激しないようにしながら、目をそらさずに後ずさりして距離をとるのが良いとの事です。また、車で走行中、飛び出してきたイノシシにぶつかり、そのまま車が街路樹等に激突してしまうというケースもあるので車の運転にも注意したいです。

イノシシが街中に出てくる最大の原因は人間による餌付けと言われています。興味本位で一度でも餌を与えてしまったり、生ゴミが違法に捨てられていたりすると、また餌を食べられると思い街に出てくるので、何気ない気持ちでやった事が後々に大きな事件に繋がってしまう可能性もあります。

イノシシによる被害を減らす最も良い方法は、市民一人一人がルールを守り街にイノシシを近づけない事だと思うので、「自分だけはいいや」という考えを持たずきちんとルールを守りたいと思います。
  1. 2016/07/26(火) 21:38:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お神輿

7月24日に毎年恒例の納涼祭が行われます!
青空では、担当職員達が夜遅くまで作られたお神輿がお祭り気分を盛り上げに行きます!
前から使われていたお神輿がリニューアルされ、豪華なお神輿に!!
納涼祭当日の出番は、プログラムの間なので、お見逃しなく。

神輿

よく見ると、お神輿の上にフェニックス!
そして、お神輿のどこかに四葉のクローバーが見えますよ!!
  1. 2016/07/22(金) 22:37:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花火

先日、自宅の庭で花火をしました。
自分には、娘がいるのですが、娘にとっては初めて見る花火。
怖かったのか、大きい花火や、手持ちの花火をしている時は、
大人の陰に隠れては、様子を伺っていました。
そして、花火も終わりに差しかかってきた頃、自分が線香花火をしていると、
自ずと、娘が隣に来て座って見ていました。
何をする事もなく、ただ、ジッと線香花火を見つめている。
終わると、袋から次を持ってくる。
それを何度か繰り返すと、だんだんと笑顔になっていき、声を出す娘。
線香花火に興味を持ったのでしょうか?
今の時期、いろいろな事に興味を持ち、吸収している。
何かを行う中で、本人が、1つでも興味を引かれるものがあれば、
自分は良いと思っています。
一歩一歩、成長していく姿を、見守り続けたいと思います。
大きくなったら、今日の事、思い出話に話してあげようかな。
  1. 2016/07/21(木) 20:01:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納涼祭の準備

関東地方の梅雨明けはすぐ近くまで来ている感じですが、まだまだ、晴れや、雨の日の繰り返しが多い天気です。そんな天候ですが、上里町にある明正会では、7月24日の日曜日に納涼祭を行います。
利用者、家族、友人、業者の方や大勢の地域の方も来園され、職員も大勢参加し、かなりにぎやかに開催されます。
明正会の納涼祭と言えば、太鼓や盆踊りのほか、出店で作る無料の美味しい食べ物や、球数には制限がありますが、間近で見える打ち上げ花火が有名です。

お祭りを盛り上げる露店や打ち上げ花火をするには、消防署への届出が必要になります。
明正会の納涼祭は、不特定多数の人が集まる場所で、ガスコンロを使って料理を作るので、露店の開設届を消防署に届け出て、当日に消防機関に確認をしてもらわなければなりません。また、打ち上げ花火についても、限られたスペースで行うため、決められた球数を届け出て打ち上げを行います。

明日から本格的に納涼祭の準備にかかります。舞台となる櫓が立ち、園庭には沢山のテントが立ち並び、納涼祭に向けて、だんだんと盛り上がりが出てきます。
設置から最後の片付け、返却まですべて施設の職員が行いますが、安全第一で当日までの準備をしっかり行ってゆきたいと思いますので、興味のある方は、ぜひ遊びに来てくださいね。
  1. 2016/07/20(水) 15:56:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

就職ガイダンス

今日はある学校の就職ガイダンスに参加してきました。本日ご参加頂いた学生の皆さん、ありがとうございました。
生徒さんの年齢層は20歳位から50歳代の方までと幅広く、それぞれ応募先を決める判断基準もまちまちでした。お給料については当然ですが、その他に希望休や有給休暇が取れるのか。家庭の事情を考慮し夜勤等の回数を考慮してもらえるか。年齢制限は?いくつまで働けるか。等々、皆さん事情はそれぞれです。そんな中で、ほとんどの方が関心を持たれたのは、施設の方針、利用者様主体での取り組み方、施設内外での研修制度のようでした。
 時間が限られていたので、伝え切れなかった部分が多々ありました。少しでも興味をもたれた方は、ぜひ見学にお越しください。
  1. 2016/07/19(火) 21:23:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「感情」

感情をコントロールしている大脳の前頭葉と側頭葉は加齢に伴い萎縮するそうです。
そうなると、理性的な言動ができず、感情的で衝動的な行動をとることがあります。
すると、「キレる高齢者」などと表現されることがあります。

 一方、怒ることは人間の反応として当然の感情で、エネルギーもとても大きいので
抑制するのはよくない、ストレスの原因にもなります。
大切なのは、怒りを適切に表現することです。「相手を許せない」という感情を「相手に
こうして欲しい」という要望にしてそれを伝えることです。

 そのためには、怒りの感情に飲込まれないようにしなければいけません。
 強い怒りの感情が湧いたら
・深呼吸をする
・怒りの点数をつける
・家族やペットの名前を唱える
・とりあえず立ち去る
・・・等など、とにかく一旦「間」を作ることが重要なようです。

「キレる高齢者」・・と言われるようにならないようにするためには自覚と努力が必要なの
でしょうか。

 怒らないよう、怒らせないよう、日々穏やかに過ごすには「気遣い」が大切なの
かも知れません。
身近に居る「怒らない人」を観察してみるのもいいかも知れませんね。

  1. 2016/07/18(月) 12:33:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

(福)明正会

Author:(福)明正会
埼玉県上里町にある介護老人福祉施設を中心とした
複合型施設です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (199)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR